介護リフォーム

日常生活をより快適にし、安全な住空間を造りたい。介護リフォームは今のお住まいを、お年寄りや身体の不自由な方が、安全に、快適に暮らせるように造りかえるものです。

介護リフォームには、住宅改修に伴う助成金制度があります。東洋ハウスでは、介護保険を利用した工事もいたしております。お気軽にご相談ください。

本当の意味でのバリアフリーって?

「バリアフリー」という言葉を簡単に説明すると、障壁が取り除かれた状態の事をいいます。

良く耳にする「バリアフリー」ですが、介護が必要なお年寄りや、身体が不自由な方にとってのバリアフリーとは、どのような事なのでしょう。

例えば、

  • 家の中の段差をなくす
  • 門から玄関までをスロープにする
  • 廊下やトイレ、お風呂などに手すりをつける
  • トイレを和式から洋式にする

少しの段差が大きなけがをもたらす事もあります。けがをしてからよりも、 家庭内事故を未然に防ぐための介護リフォームをお勧めします。

東洋ハウスは、お陰様でこの「バリアフリー」に関するリフォーム工事を多く施工させていただきました。その時いつも心がけている事は、お客様の日常生活を良く見ることです。

お客様が本当に必要としている事は何なのかを、見極める事が大切だと考えています。

お客様の何気ない行動をみる事により「ここは、こうしたらもっと使いやすくなりますよ」などのアドバイスをさせていただいております。

バリアフリー住宅の基本

バリアフリー住宅にも家造りと同じように、基本があります。

  1. スムーズに動ける動線を確保しましょう
  2. 将来の加齢変化に備えましょう
  3. 介護のしやすさにも配慮しましょう

また、隣接した空間も有効に活用しましょう。

  • 家具の移動で、動きやすいスペースをつくる
  • 段差を無くして、入口の部分の横幅を十分とる
  • 福祉用具の導入でより安全な生活を心がける
  • 照明の暗すぎる部分を作らない
  • 移動中の温度差を大きくしない

バリアフリー住宅をお考えのお客様は、このような事を考えながら工事を進めていくと良いでしょう。

Copyright © 2021 東洋ハウス All Rights Reserved.プライバシー・ポリシー サイトマップ リンク