木質系プレハブ工法とは

プレハブ工法とは、建物の部材(建材)をあらかじめ、建築現場以外の工場で製作して、それを、建築現場で組み立てていく工法のことをいいます。

工法は、多くのハウスメーカーが採用しています。日本は世界一のプレハブ工法大国でもあります。

プレハブ工法を行うには、工場設置が必要なため、ある程度の販売規模が必要になるため、建築依頼する会社はある程度限られてくるでしょう。

木質系プレハブ工法のメリット

建築に使用する建材や、建築現場での施工(プレハブ設置)に必要な時間を、軽減できるのが最大のメリットです。規格化された部材は工場で製作されるため、職人さんの腕に左右されることなく、組み立てる事ができます。

一昔前までは、プレハブ工法は、自由度がないと言われていましたが、最近では、わりと自由度の高い設計もできるようになっているようです。

メリットのまとめ

  • 工期が短い
  • 職人さんの腕に左右されない
  • 昔に比べ、自由度も高い

木質系プレハブ工法のデメリット

規格化された部材を組み立てる工法のため、こだわりの家を建てたい方には、あまりむかない工法です。間取りなどにも、かなりの制約があるでしょう。

また、大掛かりなリフォームもできない場合があります。

デメリットのまとめ

  • 間取りに制約がある
  • 大掛かりなリフォームができない場合がある
Copyright © 2021 東洋ハウス All Rights Reserved.プライバシー・ポリシー サイトマップ リンク